愛知・岐阜・三重県内でフローリング・ドア・階段などのキズ・ヘコミ・シミ・コゲを達人の技で見事に直します。

ブログ

ブログ

ー 明けましておめでとうございます ー

2015年賀.jpg

明けましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりありがとうございました。

今年も力いっぱい補修しますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

VOL.415     2015.01.01

btn

ー 更新できなくてすみません ー

この所ブログの更新ができなくてすみません。

伺った現場でお客様から「楽しみに読んでます。」と言われると大変申し訳なく感じて、頑張って更新せねば・・・と思うのですが。

先月娘が結婚しまして、その前後は私用でもバタバタしていたものですから・・・と、言い訳をしておきます。


以前より県外に下宿して滅多に帰ってこない息子に続いて娘も嫁に行き、嫁さんと二人の生活になりました。

日々の生活も自由度が増した分若干の寂しさもあり、慣れるには少々時間がかかりそうです。


288 (1024x680).jpg

結婚式の写真がやっと出来てきました。息子と二人でギターを弾いた時の写真です。

VOL.414     2014.12.07

btn

ー シートフロアはがれ補修 ー 

p-y-kizu18b.jpg p-y-kizu18a.jpg

娘の大学時代の友人U君が私のブログを楽しみにしてくれているようですが、ここ1ヶ月更新がないけど大丈夫かというツイッターが娘のもとに届きました。

実は大変なことがことが起こっていました。それは私の娘が近々結婚するんです。

U君はじめ、ご心配をして頂いた皆様に謹んで40日ぶりにブログを更新させていただきます。


 

大手賃貸アパートの退去原状回復工事です。

たまに端の方がペロペロめくれていることはありますが、ここ迄大きいのは珍しいです。


幅広のフロアの為、15cm✕14cm位剥がれてしまっています。


リビングのドン真ん中の為、特に目立ちます。


下地処理をした後、シートの厚みの分だけ樹脂を盛り、幅広のコテを使い四方の床の高さを利用して平面に成形していきます。

その後サンディングブロックに巻いたペーパーで表面を削り平面の精度を上げていきます。


ここまでの作業で2時間近く。後はひたすら木目を描いていきます。

時々アースリーの方変スプレーと微調色スプレーを使って違和感が少なくなるよう調整しては木目を描くことを繰り返して仕上げていきます。

最後に艶を合せて完成です。

 

全部で4時間弱の作業でした。


 

VOL.413     2014.11.03

btn

ー 初秋の散策 ー

現場の予定が急に延期になり、ぽっかり空いた休日。

色々と溜まった事務作業もしなければならないことは分かっていながら、良い天気に誘われて秋の散策に行ってきました。


植物好きの細君と昆虫好きの小生が選んだのは多度の方面。

刈り取りの済んだ田んぼのあぜ道は日当たりがよく暑いくらいでしたが、山道に入ればぐっと涼しく秋らしさをl感じることができました。


tada03.jpg 

ツリフネソウの蜜を吸うホシホウジャク


tado02.jpg

ヒガンバナで休憩するキリギリス



tado01.jpg


葉に止まるキンモンガ



どれも地味ですが精一杯生きています。

今年の夏は異常気象で災害もあり心を痛めておりましたが、自然は心を癒してくれる面もちゃんと持ち合わせていると感じた一日でした。

 

VOL.412     2014.09.22

btn

ー サイディングの穴 ー

p-sonota-09b.jpg p-sonota-09a.jpg 

電機設備屋さんからの依頼です。

外壁のサイディングに40Φの穴を間違えて空けてしまったようです。

見積の段階では穴が空いた状態でしたので表面の模様を全部再現するつもりで4時間作業分で出していたのですが、行ってみると職人さんがホールソーで空けた丸いパーツ取ってあることが判明!

これでホールソーの刃の厚み分の5mm分だけ成形すれば済むことになり大幅に作業が楽になりました。


丸パーツのセンターと向きを確認して固定し、その周りの隙間をエポキシパテで段差なく埋め、スタイラス棒で模様を成形します。

特に下から見上げた時の影に違和感が無いように脚立に登ったり下りたりして微調整します。

最後にサイディングの色に合わせて調色した塗料で塗装すれば終了です。


丸パーツがあったお陰で2時間以内で終わることが出来ました。

いつもは見積もり優先ですが、今回は2時間分のご請求にさせてもらいました。


パーツ取っておいて良かったですね(^^)

VOL.411     2014.08.27

btn

ー タイル欠け ー

p-sonota-08b.jpg p-sonota-08a.jpg

リフォーム時の足場を運んでいてぶつけてしまったようです。

花壇の周りのタイルが欠けてしまっています。


欠損した部分をエポキシパテで埋めてから硬化するまでの5分くらいの間、周りのタイルの凸凹感を指先で確かめながら段差の無いようにスタイラス棒で成形していきます。

着色はプライマーを塗った後、えび茶、ベージュ、黒の三色を使って点描で描き、最後につや消しクリアで仕上げました。


約1時間の作業でした。


昼間の作業でしたが蚊が寄ってきます。虫除けを振りながら何とか仕上げましたが、きっと夕方だったら悲惨だったでしょう(T_T)

VOL.410     2014.07.23

btn

ー 床焦げ 補修 ー

p-y-simi03b.jpg p-y-simi03a.jpg

賃貸物件の原状回復後工事です。


玄関ホールの床ですが、どうやらタコ足配線によるテーブルタップからの発火が原因で床が焦げたようです。

ゴム巾木とクロスも焦げたみたいですが、そちらは今回お客様の方でやられるようで弊社は床だけです。


焦げてめくれた部分を削り取り、接着剤を染み込ませて下地を固めた上で樹脂で埋めます。

スプレーガンと筆を使って木目の感じを残しながら着色して黒ずみを消していきます。


今回は2方向を壁に囲まれているのと表面のめくれが小さかったかったのが幸いして4時間位の作業で終わることが出来ました。

VOL.409     2014.07.15

btn

ー リノベーションの柱穴 ー

p-h-k03b.jpg p-h-k03a.jpg

古い戸建住宅のリノベーション工事です。


元々吹き抜けだったリビング手前のキッチン側の天井も取っ払って吹き抜けにして広々とした空間にしたのですが、どうしても柱に梁を取り去った跡が出てしまいます。


初めは単板を貼る予定だったらしいのですが、お施主さんがどうしてもこの柱の質感を残したいと言われたそうで、穴は上の方で触るところではないからと部分的に補修で穴埋めすることになりました。

予め穴は埋木してくれてあります。


埋木の隙間と段差をいつものように樹脂で埋めて平らにした後、着色していきます。

3面が揃った柾目で美しい木目が通っていますが、それは塗装で消えてしまいます。

ただ、ボカシを入れて徐々に消えていくのでさほど違和感なく仕上がりました。



脚立の上での作業で体力的には結構きつかったです。


この部分だけで6時間位の作業でした。

VOL.408     2014.05.27

btn

ー 休日の楽しみ ー

p-ginyanma1.jpg

昨年の12月以来ずーっと忙しかった5ヶ月間。

毎年のことですが、ゴールデンウィークを過ぎてようやく一息つけるようになりました。


今日は抜けるような青空ということで、少し前から植物画を始めた細君と二人、近くの平和公園に散策に出かけました。

私は2年ぶりに魚釣り、細君は花のスケッチを楽しんだ後、訪れた1万歩コース横の小池で見つけましたよ・・・。

クロスジギンヤンマ。


ギンヤンマより一足早めに出現するかのトンボ。こんな近所で出会えるとは・・・。

私が今の会社に法人成りする前、個人事業主の頃の屋号を「工房銀蜻蜒」(ギンヤンマ)と名乗っていたくらいギンヤンマ好きでして~。

ここで会ったが百年目。何としても捕まえてやろう!と粘ること1時間。

ようやくゲットして得意げなこの顔です。

p-ginyanma2.jpg


本当に美しいトンボでしょう?ジーっとこの青い目を見つめていると吸い込まれそうな気がします。

写真を撮った後は又会えることを願ってもちろんリリースしましたよ。

名古屋の自然も少しずつ戻ってきているような気がします。

VOL.407     2014.05.18

btn

ー キッチンカウンター継ぎ ー

p-c-04b.jpg p-c-04a.jpg


マンションのキッチンカウンターです。

壁側の端を切ってしまい、壁もその形に合わせてふかせてしまったようです。

写真撮影の際にこのことが判明。キッチンも取り付け完了しているために何とかならないかと相談を受けました。


全然別の部材を大工さんがはめ込んでくれています。

ほぼ段差がない状態になっていたのが幸いして埋めと削りの作業は最小限ですみました。

ただ染色の集成材のカウンターの為、同色に吹き付け塗装しただけではどうしても違和感がでてしまいます。

そこで2~3cmの集成材のコマに合わせて木目を描きつなげています。


約2時間の作業でした。

VOL.406     2014.04.23

btn
最初 前へ 2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 最新
月別アーカイブ
  • メールで補修無料相談
  • お見積フォーム
blogtitle
blogtitle

どう治るの?補修例

スタジオジープラスから皆さまへのお約束

個人のお客様はこちら
賃貸業者のお客様はこちら
ハウスメーカー・工務店のお客様はこちら
運送業・その他の業者のお客様はこちら
写メで見積もりのやり方
見積り依頼メールフォーム

スタジオG+

〒464-0845
愛知県名古屋市千種区南明町2-69
TEL : 052-737-6600

mail

topbtn
Copyright ©STUDIO G PLUS All Rights Reserved.