愛知・岐阜・三重県内でフローリング・ドア・階段などのキズ・ヘコミ・シミ・コゲを達人の技で見事に直します。

ブログ

ブログ

思い出話

私が補修の会社に入り、研修を終えて先輩につい初めて現場に出たときの話。

7ミリほどの柱のキズが、平らにするためペーパーをかけているうちにどんどん広がり、7センチにもなってしまって青ざめたことがありました。
その時先輩は落ち着いて、「大丈夫、直るから。」と言ってきれいに直してくれましたが、後で聞いたら、「実はあまり自信がなかった・・・。」とのこと。
あのときの先輩の一言のおかげで今の私があると思っています。

 
日進月歩で建築部材はどんどん新しいものが出てきます。
仕事にゆとりがあるときは、従業員とともに研究を重ね、人造大理石の補修技術もマスターし、今年の7月には3人で塗装の講習を受けるため東京まで1泊2日で行ってきました。

 
常に進化を求め続け『日々これ修行』の精神で取り組んでおります。

VOL.9     2007.11.23

btn

リフレッシュ

補修の仕事は目を酷使するので、毎日ブルーベリーは欠かさず飲んでいます。

また、この仕事は柱や床にじっと張り付いて作業するので体力はほとんど使いませんが、その分運動不足でかなり体力が低下します。
急なお客様の要望があれば、休日も返上して出動しますが、この仕事を長く続け、お客様に喜んでいただくために、短い時間をやりくりしてスポーツジムに通い、気分をリフレッシュしています。


今日はジムでランニングと、プールで500メートル泳いできました。

  
さあ、明日も頑張るぞ!

VOL.8     2007.11.20

btn

☆ 豆知識 其の壱 ☆

お客様から、「廻り子(まわりこ)の留め(とめ)の段差を直してほしい。」と頼まれることがありますが皆さん何のことか分かりますか?
 

まず天井のクロスとキッチンパネルなど違う部材同士の突合せの部分の仕上がりをきれいに見せるために挟み込む部材のことを“見切り(みきり)”と言います。

そして見切りの一種で、壁材と床材の間に入れる部材を“巾木(はばき)”、天井材と壁材の間に入れ部材を“廻り子”といいます。

廻り子や枠、笠木などが直角に合わさっているところを“留め”と言い、その留めが出っ張っているところが“出スミ”、引っ込んでいるところが“入スミ”です。

“段差”は留めの部分が“笑っている(ずれていること)”場合のことで、その段差を樹脂で埋めて、あたかもひとつの部材のように補修して仕上げる作業のことを言います。

 
建築業界っておもしろい専門用語がたくさんあります。
これから時々紹介していきたいと思います。
         ご期待ください☆

VOL.7     2007.11.16

btn

ホームページからの依頼

今日、ホームページをみて依頼を受けた個人のお客様のお宅を補修してきました。

戸建てを新築中で、今住んでるマンションを売りに出しているので少しでも高く売りたいとのこと。リビング床の真ん中のへこみキズ、キッチン、巾木、枠のキズを直し1時間半弱。仕上がりがきれいな上に安くで済んで良かったと喜んでいただきました。他の業者に依頼したら3万5千円かかるといわれ、ホームページで探したとのことです。

一見さんのお客様は初めてでしたが、とても正直で感じの良い奥様で、いろいろお話ししながらの補修作業になりました。

最近マンションの依頼が立て込み、黙々と作業することが多い中で、エンドユーザーさんと会話しながら、新たな情報収集もでき、よい経験になりました。

 
 マンションが良い値で売れるといいなぁ~。

VOL.6     2007.11.13

btn

毎日が勝負

ありがたいことですが、今週は“何が何でも今週中に!”という仕事が立て続けに入り、一人が4現場という日が数日。綱渡り的な日々でしたが何とか無事に納めることができ安堵しております。

毎日が勝負のこの世界。ひとつひとつの現場を全力で納めれば、その気持ちはお客様を通じ仕事ととして返ってくると実感しています。

 
今晩はギターでも弾いて、1週間の疲れを癒します。
でも、死守したい唯一の日曜日である明日も仕事の予感・・。

   ゾクッ

VOL.5     2007.11.10

btn

当社のお客様

当社のお客様は、ハウスメーカー、ゼネコン、工務店、造作屋さん、店舗屋さん、建具屋さん、家具屋さん、引越屋さん、フローリング屋さん、コーディネート屋さん、不動産管理会社などの業者さんです。
 
ところが、ホームページを立ち上げてから、すでに個人のお客様より数件のご依頼をいただきとても驚いております。幅広い層の方が観てくださっているかと思うと身が引き締まる思いです。慣れないブログに悪戦苦闘の日々ですが、少しでも多くの皆様に補修業界のことを知っていただくため、根気良く更新していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

VOL.4     2007.11.08

btn

ペットがつけたシミ

ペットのつけたしみ補修前  ペットのつけたしみ補修後


今日"ペットがつけたシミ"を直してきました。

写真では分かりづらいかもしれませんが、掃きだし窓の左側と右端にシミがあり、さらにもう1箇所の計3箇所でした。賃貸建物の管理をするお客様がハクリ作業とシミ抜きをしたようですが、うまくとれなかったとのことでした。

予算の都合で2時間以内の作業となり、納得の行く仕上がりではありませんでしたが、十分満足していただけたようで「ホッ」としました。

VOL.3     2007.11.06

btn

「ホームページ見ました!」

ホームページを立ち上げて約2週間。

早速"ホームページを見ました"というお客様からご依頼をいただきました!賃貸マンションの床キズの補修です。付き合いのある補修やさんがさじを投げたという30cmほどの床の引きキズを、1時間くらいで楽々完了。

できばえが良かったのかさらに1件、フローリングにペットがつけたと思われるシミを消して欲しいという追加依頼をいただきました。今週直しに行ってきますので、また報告します。

VOL.2     2007.11.04

btn

はじめまして

 

  

必殺補修人の水野です。ホームページを立ち上げましたのでよろしくお願いします。

VOL.1     2007.10.12

btn
最初 前へ 39  40  41  42  43  44  45  46  47  48
月別アーカイブ
  • メールで補修無料相談
  • お見積フォーム
blogtitle
blogtitle

どう治るの?補修例

スタジオジープラスから皆さまへのお約束

個人のお客様はこちら
賃貸業者のお客様はこちら
ハウスメーカー・工務店のお客様はこちら
運送業・その他の業者のお客様はこちら
写メで見積もりのやり方
見積り依頼メールフォーム

スタジオG+

〒464-0845
愛知県名古屋市千種区南明町2-69
TEL : 052-737-6600

mail

topbtn
Copyright ©STUDIO G PLUS All Rights Reserved.