愛知・岐阜・三重県内でフローリング・ドア・階段などのキズ・ヘコミ・シミ・コゲを達人の技で見事に直します。

施工実績

ブログ

ー 商業ビルのリノベーション ー

p-d-10b.jpg

p-d-10a.jpg

事務所に使うためのリノベーションで間取りが変更になったからなのか、別の所のドアを取り付けることになったらしくラッチの高さが違います。

このような例でドアに合わせてドア枠側のラッチ金具の高さをずらしたことでできる彫りこみ跡を補修することはよくありますが、ドア側の補修は初めてかもしれません。


表面の成形をするのに穴の中をエポキシパテで埋めようとしてふと考えました。

「直にパテを入れると内部の金物を外して調整するときに動かなくなるかも・・・」と。

どうしようか指示を仰ごうと担当者さんに連絡するも留守電に。こんな時に限って連絡が取れないんですよ、コレが・・・。


迷った時は一手間かけてもクレームにならない方法にします。

表面のベニヤ板と金物の間に薄いプラ板をベニヤ側に貼り付けてバックアップ材とし、その上からエポキシパテで埋めます。

これで調整時も大丈夫でしょう。


ドアの両面の穴を補修し終わった所に担当者さんからTEL。

連絡が取れなかったので一手間かけたことを伝えて無事完了しました。

VOL.420     2015.02.09

btn
ー サイディングの割... ー 商業ビルのリノベーション ー ー 三代目といえば・...
月別アーカイブ
  • メールで補修無料相談
  • お見積フォーム
blogtitle
blogtitle

どう治るの?補修例

スタジオジープラスから皆さまへのお約束

個人のお客様はこちら
賃貸業者のお客様はこちら
ハウスメーカー・工務店のお客様はこちら
運送業・その他の業者のお客様はこちら
写メで見積もりのやり方
見積り依頼メールフォーム

スタジオG+

〒464-0845
愛知県名古屋市千種区南明町2-69
TEL : 052-737-6600

mail

topbtn
Copyright ©STUDIO G PLUS All Rights Reserved.