愛知・岐阜・三重県内でフローリング・ドア・階段などのキズ・ヘコミ・シミ・コゲを達人の技で見事に直します。

施工実績

ブログ

月別アーカイブ:2012年12月

ー年末のごあいさつー

aisatu2012 (640x375).jpg

VOL.352     2012.12.31

btn

ーワンちゃんのかじった枠ー

p-h-02b.jpg p-h-02a.jpg


p-d-01b.jpg p-d-02a.jpg


割りと新しい戸建で、リビングに入る引き戸の枠が写真のようにかじられています。

予め写真を送ってもらっており、2時間以内で見積りを出しておいた仕事です。


お施主さんの希望で夕方伺うと、写真で見た感じよりかなり大きい傷で、シートの下は水分を吸ってワタワタになっています。


例によってBR100を染み込ませますが、表面側が固まった後、内部が固まって表面を持ち上げるのかどうしても予定より膨らんでしまい、更にカットしなければならず余分な手間がかかります。


その上夕方からの作業ですでに暗いのに照明も暗く、手持ちの照明を総動員してもまだ暗くて苦労しました。


枠は3面に加えて面取りも併せて4面の平面を出すのに90分。着色に20分。

小窓の方の補修が20分で合計130分。

10分程オーバーしましたが、何とか見積もり通りで完成しました。

VOL.351     2012.12.26

btn

ーカピバラの親子ー

世間ではクリスマス前の三連休でどこも賑わっていますが、私には今日も明日も現場が待っています。

少々疲れが溜まっておりますが、仕事納めの28日まで何とか無事乗り越えられるよう健康管理に気を遣う日々です。


そんな中、夕飯後の短い時間などを利用してまたまたひょうたんの起き上がりこぼしを作りました。


_MG_7258 (640x427).jpg


カピバラ好きの昔からの知人が最近ちょっと元気が無さそうだとのことで、何かできないかと考えていたのですが、

「そうだ!カピバラの瓢箪小法師を作ってあげよう!」ということになりました。

のほほ~んとしたカピバラがユラユラ揺れる姿がきっと癒してくれるに違いないと思ったからです。


一般的に有名な「カピバラさん」を作るつもりはありませんが、カピバラと言えば頭が大きいイメージがあって、バランスが取りにくくて今までは無理だろうと作ったことはありません。

そこで頭部を作る粘土を軽くて強度を出せるものに見直しました。その上、頭部の見えない部分の瓢箪を大胆にカット。

更に強度を保てる範囲で内側も削り込みます。そしてできたのが写真のカピバラです。頭が大きいのに絶妙にバランスを取り、おじぎをするようにふらふらしながらクルクル回るのは見ていて飽きません。


動画はこちら


で、喜んでもらえたかって?もちろんです。

その後知人と一緒に飛行機に乗って、今は九州で暮らしています。




 

VOL.350     2012.12.23

btn

ー床暖フロアーの床鳴りー

p-y-kizu05b.jpg p-y-kizu05a.jpg

p-y-kizu06b.jpg p-y-kizu06a.jpg

ハウスメーカーの戸建ですが、2✕4構造で床暖が入ったリビングで床鳴りです。

床暖入りですので実際貼り替えは不可能に近いです。


鳴り止めのエポキシ接着剤を注入した穴が12個。それでも止まらなかったのか脳天から打ったビスが16本。合計28個の穴を直しました。


リビングも壁に近い方だったのと、床材の色が比較的直しやすいものだったので何とか1人工で終われましたが、場所が掃き出し前だったり、色や艶が難しいともっとかかります。

フローリングのサネに沿って等間隔に規則正しく並んだ穴は本当に補修しにくく、避けられるものなら避けたい仕事です。

VOL.349     2012.12.20

btn

ー階段すきまー

p-k-01b.jpg p-k-02a.jpg

年末の忙しさでブログが遅れ気味です。すみません。


写真は見ての通り、階段ササラ板と笠木の間が斜めに隙間が開いています。

下はピッタリとついているのに上は6~7㎜開いています。

「ただのすき間じゃん」と侮る事なかれ。これは結構手間がかかります。


パテを成形すると側板沿いと小口面、斜めの天端と3面削らねばならず、二次災害の可能性が高くなります。

又、樹脂で埋めようとするとコテのガイドが無いために小口側の平面を出すのが大変です。


私の場合ササラの小口サイズにカットした薄ベニヤを笠木側に貼り付け、ササラとのすき間にエポキシパテを側面よりわずかに下げて固め、足りない部分だけ樹脂で成形します。

このやり方だと角の直線が出しやすく、ペーパーをかけない分リスクもありません。


45分くらいの作業でした。

 

VOL.348      2012.12.18

btn

ーフローリング切り違いー

 p-y-kizu04b.jpg


p-y-kizu04a.jpg  

あるハウスメーカーからの依頼です。


クローゼット折れ戸の下枠。写真ではわかりにくと思いますが、レールから7~8mmのところでフローリングが継いであります。

明らかに大工さんの施工ミスですが、間取りの関係なのか貼り替えは困難なようです。

当然補修屋さんも考えたと思いますが、余りこのケースの補修はやったことがないのか補修では無理との判断になったのでしょう。


良い解決方法がなくお施主さんとメーカーでしばらく考え込んでいたようです。

実は弊社に先に相談にされたのはお施主さんの方でした。webの力は大きいですね。



作業は思っていたより条件が良かったた為、この部分だけなら半人工弱。

他に追加の部分にも何ヶ所かあっても1人工で収まりました。


 

VOL.347     2012.12.14

btn

ートトロとネコバス発見!ー

p-totoro.jpg

先日、仕事で知多半島へ行った時のこと。

道路沿いにトトロとネコバスを発見しました。

なんとか写真に撮れましたが、田舎の方にはいるんですネェ~。


いつまでも子供の心を持ち続ければ又、会うことができると思います。

VOL.346     2012.12.10

btn

ー1ヶ月点検ででたシミー

p-y-shimi01b.jpeg p-y-shimi01a.jpeg


とある新築物件のメーカーの1ヶ月点検で、お施主さんが指摘した事項のシミです。

見たところ何か水気のある物を長時間置いていたために、フローリング表面から水分が染み込み変色したようですが、お施主さんは覚えがないとのこと。


他の不具合で入ったついでに「これ自分でつけちゃったんだけど・・・・。」と言われれば、小さなキズなら「いいですよ。」と気良く言えるのですが、他にはないのにこの大きなシミだけ指摘するとは可成りの心臓の強さです。


新築物件の場合、色々と大人の事情がある場合も考えられますので、あまり詮索してもいけませんがね。


南向きの掃出窓の手前での悪条件ではありますが、壁際だったお陰で3時間強で直りました。

VOL.345      2012.12.06

btn

ーサンタが家にやってきた!?ー



p-santa03.jpg

 今日は久しぶりの全休です。

今年も残り1ヶ月。どこに行ってもジングルベルが聞こえてきます。


そこで今年我が家で収穫した千成瓢箪で前から作りたかった、サンタクロースの起き上がり小法師を作ることにしました。

チョコチョコっと作るつもりが、作り始めると面白くなりだんだん凝ってきます。

更に新調したコンプレッサーとガンの試運転も兼ねて着色も頑張っちゃいました。p-santa02.jpg


ユラユラ揺れるサンタ達を眺めながらニマニマと一人で悦に入っています。

僕にもサンタさんがプレゼント持ってきてくれないかなァ~・・・・。

VOL.344      2012.12.02

btn
  • メールで補修無料相談
  • お見積フォーム
blogtitle
blogtitle

どう治るの?補修例

スタジオジープラスから皆さまへのお約束

個人のお客様はこちら
賃貸業者のお客様はこちら
ハウスメーカー・工務店のお客様はこちら
運送業・その他の業者のお客様はこちら
写メで見積もりのやり方
見積り依頼メールフォーム

スタジオG+

〒464-0845
愛知県名古屋市千種区南明町2-69
TEL : 052-737-6600

mail

topbtn
Copyright ©STUDIO G PLUS All Rights Reserved.