愛知・岐阜・三重県内でフローリング・ドア・階段などのキズ・ヘコミ・シミ・コゲを達人の技で見事に直します。

施工実績

ブログ

月別アーカイブ:2011年7月

東山植物園

今日は久しぶりの完全オフ日で、朝から東山植物園に撮影を兼ねた散歩に行ってきました。

 

このブログでもご紹介している様に大の昆虫好きの小生はこの時期になるとソワソワ、ワクワクするのです。以前は、都会を離れ誰もいない山や川に捕虫網を持って1日中歩き回ったものですが、今はその体力も時間もない始末。

 

そこで網をカメラに持ち替えて,、近場をうろついて自分を納得させているのです。

 

写真は本日の成果です。

まずははVOL.301でご紹介したハッチョウトンボ。東山にもいるんですね。


ハッチョウトンボ  トラフシジミ


お次はトラフシジミと思われます。

街中では珍しくなったニイニイゼミ。


ニイニイゼミ  チョウトンボ


そしてチョウトンボ。

そして初夏から真っ赤で派手派手の

ショウジョウトンボくん。


ショジョウトンボ  ギンヤンマ


そして本日、最もを費やしながら

まだまだ下手くそでまともに撮れなかったギンヤンマです。

もう少し勉強してリベンジするつもりです。

o(`・ω・´)○


VOL.309     2011.07.31

btn

人造大理石風?の面台

人造大理石風?の面台・塗装のはがれ 人造大理石風の面台・塗装ハガレ修復


 

築15年くらいの分譲マンションを賃貸で貸すらしいのですが、石目調のキッチン面台の塗装が、ところどころはがれています。

 

そうです。人造大理石にみえますが、白い普通のポストフォームに石目調の模様をプリントしただけの代物です。おそらく、汚れた所をスチールウールでこすったのでしょう。天板を取り替えるにはもったいないし、かといってこのままで貸すには一寸イメージ悪いですよね。

 

できるだけ耐久性を持たせるために、色付けとトップコートをUV塗装で仕上げました。

およそ2時間位の作業でした。

VOL.308     2011.07.22

btn

ボード穴

ボード穴 ボード穴補修途中 ボード穴修復


 

築15年以上経っている戸建ての階段室にあいてしまった穴ですが、同じ部材がぐるっと階段室を回っている為に、ここだけ張り替えはむずかしそうです。

 

いつもご依頼を頂いている会社の社員さんの自宅です。

なぜこうなってしまったのかは補修方法に関係する場合以外はこちらから聞かない様にしているので、お客さんが言わない限り分かりませんが、結構バッキリいっちゃってます。しかも、奥が深い。

 

フラッシュ(中が空)のドアくらいなら、充分バックアップ材を持ち合わせているのですが、深さが10㎝近くあるので届かず、急きょ車の中にあった木片を削って土台にして、そこからの作業になりました。

 

方向変色はないものの階段を上って来ると丁度目線の高さになり、しかも前を通るたびに右からも左からも見える場所の為、着色はわりと広範囲になりました。

 

約3時間の作業です。

 

 

VOL.307     2011.07.18

btn

犯人はワンちゃん?

枠かじり?傷  枠かじり傷?修復


最近、新築物件より中古物件の補修例ばかりアップしていてすみません。

G-PLUSは新築の仕事をやってないんじゃないかと誤解されるといけませんので一応断っておきますが、まだまだ圧倒的に新築の方が多いのであしからず。

ただ、写真映えするのでつい・・・・。

 

写真は賃貸物件の柱です。ムク材の柱をワンちゃんがかじったらしくご覧のあり様でした。

普通なら単板を貼った上でウェザリング(古びた様に汚す)をすることも考えますが、築年数が経っていてこれ以上日焼けすることもなさそうなのと、予算の関係で普通に補修で直しました。

おおよそ1時間位の作業でした。

VOL.306     2011.07.14

btn

グリーンカーテン

緑のカーテン


ようやく東海地方も梅雨明けし、今年も暑い暑い名古屋の夏がやってきました。

今年は特に節電にもできるだけ協力しなければ・・・と我が家でもグリーンカーテンのゴーやを植えました。

まだ、カーテンには程遠く、グリーンタオルぐらいですが、それでも2個のゴーヤが収穫できたので、早速料理してみました。


ゴーヤ  ゴーヤのキクラゲ炒め


中華料理の中で味付けがゴーヤチャンプルーに比較的似ている木須肉(ムースーロー)[豚肉と卵とキクラゲの炒め物]を作りました。

ピーマンの代わりにゴーヤを入れて夏風アレンジしてみたのですが、これがバッチリ合いました。

ビールもすすんで、体力も回復。

夏バテしないよう頑張るぞ!

VOL.305     2011.07.11

btn

介護施設

ベッドのシミ ベッドのしみ補修


写真はベッドの宮の部分です。

介護施設の備品のベッドですが、芳香剤の液がこぼれたまま放置してあった為に塗装を侵してしまったとのことです。

芳香剤くらいで塗装が溶けるとは信じられませんが、写真でも分かる様に完全に溶けています。

 

最近は健康面や環境面からなのか塗料が部材が弱くなっている気がします。

特に輸入物の家具などは何を使っているか判らず、「アブナイ。アブナイ」ということがたまにあります。

普段は家具はあまりやらないのですが、床補修のついでにやって欲しいとの依頼で今回はやりました。

この部分だけならおおむね1時間位の作業でした。

VOL.304     2011.07.03

btn
  • メールで補修無料相談
  • お見積フォーム
blogtitle
blogtitle

どう治るの?補修例

スタジオジープラスから皆さまへのお約束

個人のお客様はこちら
賃貸業者のお客様はこちら
ハウスメーカー・工務店のお客様はこちら
運送業・その他の業者のお客様はこちら
写メで見積もりのやり方
見積り依頼メールフォーム

スタジオG+

〒464-0845
愛知県名古屋市千種区南明町2-69
TEL : 052-737-6600

mail

topbtn
Copyright ©STUDIO G PLUS All Rights Reserved.