愛知・岐阜・三重県内でフローリング・ドア・階段などのキズ・ヘコミ・シミ・コゲを達人の技で見事に直します。

施工実績

ブログ

月別アーカイブ:2010年3月

今年も無事3月を乗り切りました!

現場が忙しくブログが予定通りUPできずにすみません。

愛読者の方からは「水野は大丈夫か!」「生きてるか!」との心配する声が、遠回しに聞こえていましたが、この時期何よりも現場が最優先!

 

万難を排して現場に向かって1現場でも多く回れるようにしてきたつもりですが、それでも弓折れ矢尽きてお断りしなければならなかった方には申し訳ない思いでいっぱいです。

ピンチを救う補修という仕事をしていて「忙しいだろうけど何とかならない~」と頼まれたのにどうにも都合がつかずにお断りしなければならない時、いくら自分では精一杯やっていて後悔がないとは言え、体力的な限界と無力感に心が折れそうになります。

 

それでもスタッフ一同誰も倒れることなく無事3月を乗り切りました。!
hyakunennokodoku



無事乗り切った暁にはと、ひそかに楽しみにしていたのが写真の「百年の孤独」です。
 

一寸前に知り合いに頂いたのですが、なかなか手に入らないレア物の焼酎らしいとのこと。 

祝!乗り切りパーティーを一人で祝ってみました。とりあえず今日はロックで頂きましたがさすがにウマイ!  

世間の人は嘘はいわないですねぇ~。

つかの間の幸せを味わいました。ヾ(*´∀`*)ノ

VOL.237     2010.03.31

btn

川蝉との遭遇

ちょっと前になりますが、午後だけ運良く休みになった日、気晴らしに平和公園に出かけました。

狙いはヒキガエルの卵。・・・・・今読者の方々がドン引きしたのが見えた・・・ような。

 

以前私の昆虫好きはご紹介しましたが、魚類、爬虫類、両生類等の小動物も好きで、まだ子供が小さい頃、3月の初旬に猫が洞池で見かけるヒキガエルの卵を持ち帰り、カエルになるまで飼ってみました。

卵割から孵化し、オタマジャクシから足手が出て来て、カエルの形になるまでの2カ月間観察するのが毎日楽しみでした。

しかし今年は雨が多いからか卵を確認することができず一寸がっかり。それでも別の出会いもありました。それは川蝉(カワセミ)です。

持って行ったデジイチで何とか撮りましたが、豆粒程に写すのが精一杯。それでも身近な所にこういった自然が残っているのは生活に彩りができて嬉しいことです。4月に入って時間的なゆとりができたら川蝉との再会を楽しみに出かけてみようと思っています。

 

広辞苑によるカワセミの説明を列挙します。

[川蝉・翡翠]ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。スズメより大形で尾は短く嘴(クチバシ)は鋭くて長大。体の上面は暗緑青色。

kawasemi1003

背腰は美しい空色で「空飛ぶ宝石」とも称される。

水中の小魚やザリガニなどを取る。

巣は崖に横穴を掘って作る。

ヨーロッパ、アジアに分布。なおカワセミ科は世界に約90種。ヒスイ、ジョウビン、ソニドリ。  

先日発売された三菱の四輪車RVRのイメージカラーとなったカワセミブルーメタリックはこの川蝉の色でしょう。

VOL.236     2010.03.21

btn

建具破れ&穴

doa-ana-02b  doa-ana-02a

doa-ana-01b  doa-ana-01a

写真は賃貸物件の建具で、退去時に出た補修です。

ちょっとタチの悪い入居者さんだったらしく、玄関に入った正面の扉にAが、その隣の洋室のクローゼット折れ戸にBがありました。

そして両方とも丁度目の高さ。しかもBの方は先の尖ったもので突き刺したらしく、裏まで貫通している始末。悪意以外の何ものでもなく、補修していてもやりきれない気持ちでいっぱいになります。

 

穴の中に下地を作りエポキシパテ+樹脂で面出しし木目を再現するという、いつも通りの作業です。

Bの裏は実際ほとんど見えない所なので簡易補修ですが、AとBはたとえ賃貸でも目線なので仕上がりには気を遣います。3つ併せて4時間の仕事でした。

 

初めてのお客さんでしたが、知り合いに補修屋さんがいて、床のキズとかはその人に任せているらしいのですが、この穴はさすがにその人もサジを投げたみたいです。 

VOL.235     2010.03.20

btn

補修考 ≪七の巻の1≫

価格弾力性という言葉をご存知ですか?私も先日雑誌で知ったのですが、経済用語のひとつで、価格の変動によってその製品やサービスの需要が変化する度合を示す数値のことで

価格弾力性計算式

                                   で表されます。 

価格の変化に対して需要の変化が大きい場合、価格弾力性の数値が1より大きくなり、この状態を「弾力性が大きい」と言います。

そして逆に価格の変化に対して需要の変化が小さい場合、価格弾力性の数値が1より小さくなり、この状態を「価格弾力性が小さい」と言います。

 

一般的にコメや野菜などの生活必需品は価格弾力性が小さく、宝飾品などのぜいたく品は価格弾力性は大きくなります。

それをグラフで見てみましょう。

直線Aが弾力性1のラインで値上げしても値下げしても同じ割合で需要が変化し、売り上げが変化しないラインになります。

大まかに価格×需要=売上と考えると、価格が半分になっても需要が2倍になれば0.5×2=1になるからです。 

直線Bでは、値下げした場合需要が大きく伸びる代わりに、値上げすると需要が大幅に落ち込むことになります。ユニクロジーンズが低価格戦略で大幅に需要が伸びたのはここに入るでしょう。

価格が半分になっても需要が10倍になれば、売り上げは5倍に伸びる計算になります。

 

最後に直線Cは弾力性が1より小さいラインです。このラインでは値上げした場合でも需要が落ち込まない代わりに値下げしても大きく需要は増えないという特徴を持っています。

オイルショックの時は必需品のトイレットペーパーは高値でも需要が減らなかったのはここに入るのかもしれません。

 

さてここからが本題ですが,補修の料金はどう分析できるのでしょう?

ここまで読んだ同業者の方は頭の中でそれぞれ自分にあてはめて試算しているかもしれません。

でもそれを分析するには建設業界の要素をもう一つ加えて考えねばならないと思っています。それはスイッチングコストです。

                                   補修考 ≪七の巻の2≫へ続く

VOL.234     2010.03.15

btn

クローゼット内のカビ

クローゼットのカビ  クローゼットのカビ修復

 

お天気番組によると名古屋は他の地域ほどではないにしろ、すぐそこまで見えた春が遠ざかるいじわるな寒の戻りに閉口しています。

 

今日の現場はクローゼット内のカビです。中古マンションの北側。いかにも結露しそうな条件のクローゼット内。しかも床面はRCにカーペット貼りです。カーペットが露を吸ったのか写真の様な状態でした。

 

この部分だけの仕事ならたぶんコスト的に合わないと思いますが、床など他の部分の補修がメインで、そのついでにやって欲しいとのことでした。割れた部分を樹脂で埋め、カビは黒くなった所に色を乗せて補正します。表面は木目を印刷しただけの紙なので、シンナーやペーパーは厳禁です。 

 

手早くやらないとコストが合わないので、迷いなくサクサク作業して1時間くらいでした。

VOL.233     2010.03.11

btn

ビス穴や 丸ノコ水漏れ 工事跡

水漏れ工事跡  水漏れ工事跡修復

水漏れ工事跡  水漏れ工事跡修復

 

 

芭蕉の『奥の細道』の一節に似ていますが、全然違います。写真はそのままを写しています。

 

結構年季の入った集合住宅の水漏れ工事で、配管工事の為に床を破った際、後でクッションフロアを貼ることを前提に写真の様に後始末をしたようです。

しかし、いざ貼る段になって入居者さんが、その部屋の荷物の移動を嫌がったから大変。もともと入居者さん側に落ち度もなくどちらかと言えば被害者なわけで、管理会社としても荷物の移動を無理にお願いできず、困った挙句に私が呼ばれたということです。 

 

工事の性質上あまり遠慮せずにカットしていますし、ビスなんか情け容赦なくズブズブいっちゃっていて、正直この状況を見た瞬間目まいがしました。それでも建物が年季が入っているのと、寄せ木模様の継ぎ目でカットしてくれてあったのがせめてもの救いで、両方併せて半人工終わることができました。 

VOL.232     2010.03.07

btn

祝 誕生日

今日は私の誕生日です。ブログに自分で書いて勝手に祝っているおめでたい奴です。

 

30歳を過ぎたあたりから、誕生日など1年に1回来るのが当たり前とあまり嬉しくもなく過ぎてゆきましたが、1月末の友人の死以来、又1年歳を重ねることができたんだと素直に喜ぶ気持ちになりました。

 

腰や膝の痛みに五十肩が加わり喜んでばかりもいられませんが、それでも小生の腕を見込んで仕事を依頼してもらえるのだから、体を大切にし、技術を鍛え、期待に応え超えられる様にしなければと気持ちを新たにしたりしています。

それにしても五十肩直らないなぁ...。トホホホ・・。

 

写真は弟がお祝いに送ってくれたお酒と娘がくれたマグカップです。

誕生日

VOL.231     2010.03.05

btn

桃の節句

今日は3月3日の桃の節句です。

毎年この時期は次々に舞い込む仕事をできるだけ断らないない様に効率良く日程を組み、我ら3人で少しでも多くのお客さんに喜んでもらうべく奮闘し、節句を祝うような心のゆとりもありません。

今年も例年通り時のごとく心を亡くす忙しい日々を、何とか体調を維持して過ごしています。

 

そんな中今晩は桃の節句らしいちらし寿司。晩酌をしながら春らしい旬の物を食べる心和む時間です。

写真は娘の雛人形と今晩のちらし寿司です。

雛人形  ひな祭り

VOL.230     2010.03.03

btn

退去物件

フローリング キズ  フローリング キズ

フローリング キズ  フローリング キズ 修復

フローリング キズ 修繕  フローリング キズ 修繕

 

寒がりの私にとっては嬉しい限りですが、2月だというのに気味悪いほどの暖かさが続いています。体調を崩さない様に気をつけましょう。

今日のブログネタは退去物件です。ほとんど新築に近い賃貸マンションで、この3箇所だけがひどく、あとは全く無傷という惜しい状態でした。同じ形の物をこすり続けた様な変なキズで表面材がなくなり下地が見えてしまっているところもあります。

他の部分の状態が良い為に新築物件を直す精度が求められます。それでも全部で2時間ほどでした。

VOL.229     2010.03.01

btn
  • メールで補修無料相談
  • お見積フォーム
Copyright ©STUDIO G PLUS All Rights Reserved.