愛知・岐阜・三重県内でフローリング・ドア・階段などのキズ・ヘコミ・シミ・コゲを達人の技で見事に直します。

施工実績

ブログ

月別アーカイブ:2009年5月

祝 ゼンチンデビュー

弊社が『全国賃貸住宅新聞』に掲載されました!

去る5月25日号のTOPIXのコーナーで賃貸物件における補修実績が紹介記事として載りました。

ブログでは一部を写真でアップします。全文についてはただ今HPを改装中ですので、リニューアル時に特集ページでご紹介する予定です。

これを機に、当社の技術が賃貸物件でもっともっと活躍できるようになればと期待しています。

さて、その全賃主催の『賃貸住宅フェア2009in名古屋』が、来る6/17(水)、18(木)に名古屋の吹上ホールで行われます。建物オーナーさん向けのセミナーや見学会などがあるそうなので興味のある方は一度足を運んでみてはいかがでしょう

全国賃貸住宅新聞掲載記事

VOL.125     2009.05.29

btn

三匹の子ぶた

検索はするな

 最近話題の『検索はするな』(サンマーク出版、安田佳生著)を読んだ。先の話題作『千円札は拾うな』に続き読んだのは2冊目になる。

日頃から自分なりに足りない思考力を補おうと読書はするのだが、何となく目先の問題をクリアしたい為の読書になってしまっているのは情けないでしょう。もっともっと深く考える必要性は分かっていてもいても、年のせいか、能力の限界か、あまり考えず日々過ごしている小生にとって警鐘を鳴らす本だと思い読んでみた。

その中に三匹の子ぶたの話が出てくるが、わらの家を建てた長男、木の家を建てた二男、そしてレンガの家を建てた三男。この三匹のうち最も賢いのは誰かという一節がある。たったこれだけの話なのだが、安田氏の手にかかると色々なケースが引き出されており楽しい。

興味のある方は一度読んでみてはいかがでしょう。

VOL.153     2009.05.25

btn

ハッピーバード

ハッピーバード

 写真を見て懐かしく思う人は・・・どうなんでしょう?

久しぶりに東急ハンズへ行きレジに並んでいたとき、ふと横を見ると彼がいたのです。それにしてもネーミングがハッピーバードとは・・・。知ってました?

まだ私が小学生の頃、通学路の途中にあったおもちゃ屋さんのショーウインドウで水を飲み続けていたこの鳥を、じーっと見続けていた小生。その姿をおもちゃ屋さんのオバチャンも見続けていたのでしょう。あの頃、来る日も来る日も一日が本当に長かった。自分の人生は永遠で大人になる日なんて来ないんじゃないかと思って思っていた。

それに比べて最近の一日なんて「アッ!」という間。一年さえもすぐに過ぎ去り、この間誕生日が終わったと思ったらもう次の誕生日が来るような・・・。

人生の折り返し地点を過ぎると速いですねぇ、時の経つのは。

と思いながらしばしハッピーバードを眺めてました。(*^^*)

VOL.152     2009.05.21

btn

- 掃き出し床の色剥げ -

フローリング剥げ補修  フローリング剥げ補修

 

今日の補修例は技術部長担当です。

分譲住宅の賃貸マンションで、メールに写真を添付して頂いてのご依頼です。メールによると掃き出しの床が剥げて色落ちしてしまった所を直そうと、ニスを塗ったら余計目立つようになってしまったとのこと。写真にによる概算見積りでは半人工くらいにしたのですが、実際にやってみると剥げているピースの面積が小さかった為、思ったより少なく2時間で済んでしまいました。

赤ちゃんを抱っこした若奥さんは、安く綺麗に直ったので喜んでくれました。

VOL.151     2009.05.18

btn

ドアノブ穴と配管穴

ドアのぶ穴補修  ドアのぶ穴補修

配管穴補修  配管穴補修

写真は店舗の改修工事によるドアノブ穴と配管穴です。つき板に染色された部材で、ドアノブの方は穴を隠すため、穴のあった部分を切り取り共材で埋め木されていました。日焼けによる変色でいかにも"埋め木しました候"になっており気になるようです。

もう一方の配管穴の方も埋め木する予定でしたが、どうせ日焼け色補修をしなければならないので、当方が樹脂で埋めることにしました。ドアノブの方も微妙に埋め木の周りに段差があったので、樹脂で段差をなくした上で木目を再現。艶がほとんどなかったことが幸いしてそれぞれ90分位で終了。

他にあったビス穴や画鋲跡、枠の隙間と5時間半くらいと言ったところでした。

VOL.150     2009.05.13

btn

補修人侍

補修人侍

GW後半、ちょんまげワールド(旧戦国時代村)へ行ってきました。あいにくの雨にもかかわらず来客が多く、今まで4~5回行った中では一番の入りでした。魅力はあるはずなのに、来園者数が減少していて心配していましたが、欽ちゃんのプロデュースで予想以上に復活の兆しがみえてきたようです。

生で観られる4つの劇はいずれもパワーアップ。特に『笑え亭』は面白さが倍増したと言えるでしょう。少ない役者さんを上手に配役して作られたミニストーリーは完成度も高く、生ならではの反応の良さに役者さんもイキイキしていました。

私は例によって"着せ替え写真"にチャレンジ。以前の明治村からクセになったのか結構楽しそうでしょ(*^0゜)v

それからトップページを大幅にリニューアルしましたので、ブログだけ読んでいただいている読者の方はTPも是非見て下さい。エンドユーザーさんや不動産管理の方へのアピール度をUPしてみました。何かご意見ご感想のある方はメール頂ければ幸いです。

VOL.149     2009.05.09

btn

タイルの欠け その2

タイル欠け補修     タイル欠け補修

タイル欠け補修      タイル欠け補修

今日はタイルの欠けです。二段積みの土止めに貼ったタイルを給湯器の取り付け時に傷つけた様で、職人気質のお施主さんはちょっとご立腹の様子。「綺麗に直らんのやったらやってもらわん方がいいよ。」と言いながらギロッとこちらを見てきます。(ー'`ーメ)

ちょっとヒンヤリした空気の中作業に入り、いつもより念入りに仕上げるのはもちろん、指摘のあった場所以外の細かいキズもすべて拾って時間いっぱい補修しました。

確認の時「綺麗に直してもらってありがとう。」の一言でホッと一息。依頼人の工務店の方も胸をなでおろした様でした。

依頼の電話の時から"ただならぬ予感"はありましたが、何となく事情が分かり「やっぱり」と言った感じです。でも、無事に完了して良かった良かった。((^ー^))

           

    

VOL.148     2009.05.03

btn

穴の開いた扉

扉穴補修  扉穴補修

写真はチップを型押して成型してある面材でできた折れ戸に開いた穴です。穴の他にキズがないことから、柔らかいものによる大きな衝撃が加わってこうなったようです。

シート貼りでない為、表面に木目に合わせた割と深めの凸凹があり、パテ埋めによる面出しをすると、凸凹の復元に時間がかかるため、今回はへこんだ部分に数か所穴を開け、鉤型の針金で引っ張り上げながら破断面を接着する方法にしました。接着面の段差がゼロにはなりませんが、枝葉を犠牲にしても木全体を助ける方法です。

ご覧の通り全く分からなくなりました。強度的にも元の状態と変わらないくらいに仕上がったと思います。築4~5年の扉と思われますが、新しく作るにはちょっと難しい部材のようです。

VOL.147     2009.05.01

btn
  • メールで補修無料相談
  • お見積フォーム
blogtitle
blogtitle

どう治るの?補修例

スタジオジープラスから皆さまへのお約束

個人のお客様はこちら
賃貸業者のお客様はこちら
ハウスメーカー・工務店のお客様はこちら
運送業・その他の業者のお客様はこちら
写メで見積もりのやり方
見積り依頼メールフォーム

スタジオG+

〒464-0845
愛知県名古屋市千種区南明町2-69
TEL : 052-737-6600

mail

topbtn
Copyright ©STUDIO G PLUS All Rights Reserved.