愛知・岐阜・三重県内でフローリング・ドア・階段などのキズ・ヘコミ・シミ・コゲを達人の技で見事に直します。

施工実績

ブログ

月別アーカイブ:2008年12月

フローリング補修

  

「?」「なんじゃこりゃ?!」(;゜゜) 変な形に接いだ、いや貼り付けたフロア。貼り付けた面材を剥がして納得。その下にはビスの頭が・・・。どうやら床鳴りを止めるためにビスを打った様子です。どうせ補修が入るのなら脳天から打ってもらった方が補修しやすいのですが、やはり大工さんのプライドが許さなかったのかもしれません。窓際の隅の方だったことも幸いし無事分からなくなりました。

ここの所お陰様で忙しく、ブログも遅れがちですみません。27日で仕事納めと決めていたのですが、すでにちょっとこぼれ出ています。のんびりできるのはいつのことやら・・・。(~ ~;)

VOL.119     2008.12.26

btn

クリスマス会

一寸お休みしてすみません。例年のごとく12月は忙しく、予定通りに現場を回りきちんと収めて次の日に備えてしっかり休む。毎日がこの繰り返しです。それ以外にも様々な私用も入り年末を乗り切るのに大変です。( ´ー`)

そんな中、昨晩は毎年恒例の補修屋仲間のクリスマス会を私の自宅でホームパーティー形式で行いました。次の日が祝日で休みだからと月曜の夜に設定しましたが、年末の忙しい時期ということもあり、結局全員が翌日仕事があると判明し苦笑することに・・。それでも7件の補修屋が集まり、近況報告や昔話、更には来年の見通しなどを語り合い、楽しい時間を過ごしました。

あまり横の繋がりのない補修屋の世界でこういった集まりは貴重です。できれば年に2回くらいやりたいと思っています。.( ^^)Y☆Y(^^ )

VOL.118     2008.12.23

btn

お年賀消しゴムハンコ

毎年この時期の恒例行事、お年賀用消しゴムハンコを作りました。忙しいこの時期にこんなことをしている場合ではないのですが、1センチ四方のさいころ型の干支と文字の組み合わせのハンコは今年で15年目になります。

こういう作業は好きなんですね~。疲れて帰ってきても、イキイキ作っています。(o^―^o)

VOL.117     2008.12.17

btn

ブリーズライト

今年も残すところわずか。前もって入っている仕事のスケジュールの間に、入ってくる仕事の依頼を検査の日程順にプライオリティーをつけてねじ込みながら、少しでも多くの現場を無理なく回れるように頭をフル回転しなければならない時期になってきました。

そんなこの頃花粉症の私は日々鼻詰まりと戦っております。昼間の現場では集中している為気にならない鼻詰まりも、気が緩む夜は何ともしがたく、口で呼吸をすると喉がガラガラになる始末。睡眠時間が足りないのが一番辛いです。

そんな時見つけたのが'ブリーズライト'。バンドエイドの中心に横一本にプラスチックの細い板が貼ってあるようなものです。これを鼻に貼るとプラスチックの弾性で鼻の奥が広がる為、鼻詰まりが解消できるのです。これを使い始めてからは夜の快眠を取り戻し、朝の寝覚めもスッキリ。今やもうこれなしでは眠れません。これから花粉症の方にますます厳しい季節になります。夜眠れなくてお困りの方は是非活用してみてはいかがでしょうか。

さて、明日も張り切って仕事をする為ブリーズライトを装備して早く寝ます。o( _ _ )o...zzzzzZZ

VOL.116     2008.12.14

btn

折り鶴

今日は以前作った折り鶴を紹介します。どれだけ小さい折り鶴を作れるかにチャレンジした時のもので、まだこの仕事に入る前、営業の仕事をしていた時の作です。

右から、13ミリ、11ミリ、10ミリ、8ミリ、7ミリ、6ミリ、5.5ミリ四方の正方形で作ってあります。5ミリ四方も何度かチャレンジしましたが、今のところ成功していません。

紙はキッチリ折り目がつき、それでいて水分でふやけることの無い紙を探していろいろ試してみました。


折り鶴


この紙の素材は一寸内緒にしておきます。手先の器用さに自身のある人は正月など暇なときに一度チャレンジしてみて下さい。(*^ ^* )V

VOL.115     2008.12.10

btn

タイル 補修

タイルのヒビ


    

マンションの改修工事でできたエントランスのタイルの割れ欠けです。今回も無理やりネタです。

当社のお品書きは木製品、及びサッシと人造大理石の補修なのですが、お品書き以外の注文はヒヤヒヤものです。(゜~゜;)

今回のタイルも一度はお断りしたものの、昔の物件で当然同型のタイルが無い以上補修しかないとのことでした。

郵便受け下の光の厳しくないところなので何とかなりましたが、これとても電話で説明を聞いたときには冷や汗ものでした。でも、実際に見て「この方法で行こう!」とすぐ名案が浮かんだのは、今までの経験と失敗が僕を支えてくれたからに他なりません。 

職人とは自分が自信を持ってできる仕事を120パーセントの力を出し切ることかもしれません。しかし、補修という仕事に関して言うと、扱う材料が余りにも多いことと、材料が年々変化することで、技術の足踏みや深さだけの探求を許しにくいと言えるかもしれません。

僕らの仕事を最終兵器と考えて、どうにもならないキズを「何とかして欲しい!」という切なる希望を持って依頼してみえる方もいます。

しかし、直したことの無い素材はどうしてもリスクがあります。本来リスクのある仕事は断るのがプロなのかもしれませんが、チャレンジする気持ちがないと技術の進歩がないのも確かです。リスクの回避かチャレンジかの狭間に立って「To do or not to do」で迷うのです。

先日も手を出すべきでない仕事に手を出し、結果としてお客さんに迷惑をかけてしまったことがありました。その失敗によって自分を戒め、それでも更に進もうと思っています。


タイルのヒビ修復  タイルの欠け  タイルの欠け修復

VOL.114     2008.12.07

btn

夕方・・・暗いッス

もう師走。今年も残りわずか・・・。

冬至も近づいてくるとさすがに夕方暗くなるのが早く、作業効率が下がってきます。太陽の光のあるうちにすべて仕事が終わるのが理想ですがそうはいきません。そこでこんなものを使って明るくし、少しでも快適に仕上がりよく作業できるようにしています。

上の大きい方は蛍光灯で60Wあります。26Eの黒いソケットは市販されており、電球型の蛍光灯も東芝製の一寸変わった形をしていて、スリムでコンパクトなのでキットの中にいつも入っています。ただ、蛍光灯なので明るくなるのに時間がかかるため、移動の多い現場では不向きです。さらに蛍光灯は光の波長が違うので調色の時も不向きです。


手作りキット


下の小さい方は自作物で、センサー式の防犯ライトを分解してコンセントに直結してあります。この小ささで75Wとメチャクチャ明るく、直視すると残像ができてしばらく作業できないくらいです。

以前は17Eのソケットに100Wのクリプトン球を入れて使っていたのですが、フィラメントが電流の ON,OFFや振動に弱いのか、1個1000円近くもするクリプトン球がすぐに使えなくなってしまい不経済だったので、こちらのハロゲン球に替えました。これなら2個セットで360円とぐっとリーズナブル。ただ、ムチャクチャ熱を出すので要注意です。

そういえば最近夕方西の空に金星と木星が並んで光っているのを知っていますか?一度見てください。仕事の帰りに見つけるとちょっと嬉しいです。12月1日には三日月も近かったらしいけど見逃しました。・・・・・・残念! 。・:*:・'。☆・:*:・゜'  。+゜(*´∀`*)。+

VOL.113     2008.12.03

btn
  • メールで補修無料相談
  • お見積フォーム
blogtitle
blogtitle

どう治るの?補修例

スタジオジープラスから皆さまへのお約束

個人のお客様はこちら
賃貸業者のお客様はこちら
ハウスメーカー・工務店のお客様はこちら
運送業・その他の業者のお客様はこちら
写メで見積もりのやり方
見積り依頼メールフォーム

スタジオG+

〒464-0845
愛知県名古屋市千種区南明町2-69
TEL : 052-737-6600

mail

topbtn
Copyright ©STUDIO G PLUS All Rights Reserved.