愛知・岐阜・三重県内でフローリング・ドア・階段などのキズ・ヘコミ・シミ・コゲを達人の技で見事に直します。

施工実績

ブログ

月別アーカイブ:2008年6月

わが社のロゴが!


今日夕方、近くの本屋さんへ行きました。


新刊のコーナーに”中部地区のクリエーターズクラブ創立35周年の作品集”が置いてあるのが目に留まりました。知っているクリエーターが載っていないかなーと目次を見ると・・・
ありました。でもってページをめくってビックリ!


な・な・なんと
、我が社のロゴが作品のひとつとして載っているではありませんか!?w(°o°)w


個人事業主から法人なりするときに、無理を言ってデザインしてもらったロゴです。

さらにその方のご主人の作品展用のポスターになっている作品も”記念に”と譲ってもらったもので2度ビックリ。 一緒に写真に写っている銅製の鳥がその作品です。


自分の会社のロゴが本に載るなんて、ましてうちみたいな零細企業ではめったに無いことだと思うので感激してブログに書いてしまいました。

 
さぁー!ロゴに負けないよう明日からまた頑張るぞーー!!<( ̄^ ̄)>

VOL.69     2008.06.29

btn

携帯が壊れた・・・。

昨日突然携帯電話の電源が入らなくなりました。


今年4月半ば、MNPでauからsoftBankに替えたばかりでした。3年半利用したauは調子が悪く度々修理に出しましたが、仕事に支障をきたすようになったため思い切って替えました。


スタッフ2人には「トシさんの体から妨害電波が出てる」とか「破壊電波だ」といわれる始末。
修理中、代替機を借りましたが、バックアップが取ってなかったので、2ヵ月半の新規データーが残っていません。(;_;)


修理期間は1週間~10日間。

どうかデータが消えませんように・・・。( ̄人 ̄)

VOL.68     2008.06.27

btn

カウンター天板のビス穴

  


店舗のカウンター天板に支柱を立てるのですが、その取り付け場所が変更になったために空いてしまったビス穴の隠しの補修です。

 
店舗の場合照明の条件が一定なので色的には合わせやすいですのですが、素材が住宅建築とは全く違うので、鬼が出るか蛇が出るか、現場に行ってみないと分からない緊張感があります。

 
「こんなんどうやって直すんや!?」と頭を抱えるようなものを何とか工夫して直すピリピリ感、結構好きです。(* ̄ー ̄*)

VOL.67     2008.06.24

btn

賃貸物件のドア補修

  


賃貸物件の退去後の補修ですが、賃貸物件のドアは高級そうに見えますが、いろいろなところでコストダウンがされており、今回の場合、ベニヤの上に木目が印刷された紙が貼ってあるタイプです。

 
ですから、借主がドアの表面にテープ等を貼って無用心に剥がすと、写真のように表面の紙がはがれてしまいます。紙の厚さだけですが、多少は段差があるので樹脂で埋めて木目を描き、艶を合わせればごらんの通り完成です。V(^-^)

VOL.66     2008.06.21

btn

床のキズ

  

今日は床のキズ。


フローリングに向かい合ってついた二つの穴。ホッチキスの跡ではありませんよ~。これはニッパの刃先かくぎ抜きのようです。何を落とした跡か、一目瞭然のキズってありますよね。代表選手はドライバー。くっきり十字の跡が付いていて誰が見ても「ドライバーだな!」と確信が持てます。(笑)


今回はキズの大きさではなく色です。見ての通り白いベース色に微妙な色の木目が入っていて、この木目の色を正確に判断して、小さい傷口の上で違和感無く再現するのは易しいようで結構難しいです。
なめてかかるとハマッてしまい、いつまで経っても黒っぽい輪郭が消えず、背中に冷汗が流れることになります。


ましてや、引渡し後でオーナーが補修作業を見ていたりすると尚更です。
不思議そうに見ながら質問するオーナーさんに作業工程を解説しながらニッコリ笑えるようになれば大したもんです。

( ̄ー ̄)

VOL.65     2008.06.18

btn

商業ビル改装工事に付随するキズ補修

  


  


  



今日は商業ビルの改装工事に付随するキズと既存のキズを一緒に直した仕事の紹介です。


改装工事のキズはしっかり養生してあった為、大きなキズはありませんでしたが、既存のキズはちょっと目立ちました。


写真はビル内の内装板ですが、業者用の搬入通路の出入り口の角が激しく欠損していました。

こういった板を部分的に交換する場合、まず同じ部材が廃盤になっていることが多く、仮にあっても日焼けしていて色が違う為、張り替えた後に結局色補正の補修をしなければならず、二度手間になります。


それなら最初から技術力のある補修屋に任せれば、部材や職人の手配も大幅に省略することができます。補修技術が力を発揮する例のひとつです。
┌( ̄0 ̄)┐

VOL.64     2008.06.16

btn

床のへこみ

  

 

  

 

      写真のキズは何のキズ?

LDの間仕切り用の3本引きの敷居の近くにある、敷居と平行にまっすぐ伸びたヘコミ、及びその近くにある同じ型のヘコミ。
 

そう。引き戸搬入の際、フローリングに養生なしに置いたためにできたヘコミです。
ドアならフローリングにじか置きしても面もしくは線で支える為にヘコミになりません。でも引き戸は下に2個のゴマが付いており、じか置きするとこの2点に荷重が集中して、そ~っと置いたつもりでも、へこんでしまいます。

 
さらにこの場合、ご丁寧に床の上で1メートルも転がしています。写真の場合、フローリングのピースが、敷居に平行なのでまだましですが、敷居に垂直にピースが張ってあると、それだけで一日仕事です。

 
もう一つの問題は、これが集合住宅で起きたときです。ふつう搬入は同じ人間が同じ日にやる為、引き戸のあるタイプは、上から下まで全滅するおそれがあることです。面積が大きいので補修に時間がかかり、一度入った部屋からなかなか出られず、精神的にも肉体的にも辛い作業です。
(;´д` )

VOL.63     2008.06.11

btn

東京へ研修に


6月3、4日の2日間、仕事を全休にして研修に行ってきました。昨年に引き続き私を含めた社員3人で、技術セミナーの参加が目的です。


1日目は朝6時台の新幹線で名古屋を発ち、2日目の夜9時頃帰名する強行軍でした。


初日は茨城県の補修仲間でMKリペアーさんも同席して楽しい研修になりました。夜の飲み会も補修技術や悩みを語り合い、あっという間のひとときでした。

2日目は我々3人だけでしたが、新しい補修方法のヒントも得ることができ、実りある2日間でした。

 
特に今年は我々の要望を取り入れた特設セミナー組んでもらったので、満足度は高かったと思います。現在の補修技術の限界を探ったり、巾を広げるためにも今後も続けていこうと思っています。

 
帰りの”のぞみ”は頑張った自分たちへのご褒美にグリーン車をおごりました。ゆったりした席と乗り心地の良さに「又、頑張るぞ!!」という気持ちになりました。 (^▽^)V

VOL.62     2008.06.08

btn

脱出成功?!

>昨日は名古屋市中心部の商業ビルの補修でした。

一応念の為、1人工予定して欲しいと言われ朝から作業していると、何となくビル全体がざわついている感じがしました。聞けば韓国の某有名男優が、不動産の下見に来るとのこと。w(゜o゜)w 

 
元請けさんからは、「来たら裏側の方をやってくれていれば良い」との指示があり作業していましたが、だんだん人通りが少なくなり、シーンとしてくるではありませんか・・・。

 
さらに階を変えての移動中、とうとうトランシーバー片手の男に止められ「今日はビップが来るので作業をやめてビルから退去せよ。」との命令が・・。しかし、エレベーターもエスカレーターも使用不可。元請けさんに連絡すると、「仕方が無いので非常階段を使って脱出せよ」とのこと。

 
ファンのオバサマ達や警備の人が出入口を取り囲む中、命からがら脱出成功!

早出していたので仕事は何とか一通り終わらせることができて良かったのですが、終わらなかったらどうなっていたのでしょう・・・。 (~ ~;)

VOL.61     2008.06.03

btn

作業部屋の掃除

今日は作業部屋兼、倉庫の片付けをしました。


去年の年末から気になっていたのですが、少ない休みもプライオリティの高いものからやっていくと、どうしても片付けは後回しに・・・。


しかし、”何とかしなくては!”という気持ちが今日ついに爆発!


必要なものをまとめ、不要なものを捨ててスッキリ片付き気分も晴れ晴れo(^o^o)

あと、買ってはあったけどなかなか試せずにいた染料と顔料を小瓶に分け、いつでも使えるようにしました。


ついでに、これまた1年くらい前から気になっていた車のステアリングのレザーの色落ちもリペアーして新品同様になりました。


何とも実りある休日でしたが、仕事をしているより疲れてしまいました~。(^。^;)

VOL.60     2008.06.01

btn
  • メールで補修無料相談
  • お見積フォーム
blogtitle
blogtitle

どう治るの?補修例

スタジオジープラスから皆さまへのお約束

個人のお客様はこちら
賃貸業者のお客様はこちら
ハウスメーカー・工務店のお客様はこちら
運送業・その他の業者のお客様はこちら
写メで見積もりのやり方
見積り依頼メールフォーム

スタジオG+

〒464-0845
愛知県名古屋市千種区南明町2-69
TEL : 052-737-6600

mail

topbtn
Copyright ©STUDIO G PLUS All Rights Reserved.